うえん

迂遠(うえん)っていう単語を、使いたがる上司のことをあまり信用できていない。

戦の後

好きな芸能人を聞かれたら、 次こそ、森山未來って言おう。 「踊る阿呆」というドキュメンタリー、 とてもよかった。 書きたいと思ったことをなるべく書きそびれないために、 コレとおもったら簡単にメモして下書き保存に置いておくのだけど、 この「戦の後…

歯医者

久しぶりに歯医者へ行く。 定期検診にしては間が空きすぎたけど、 歯科衛生士さんには褒めてもらった。 いつも感じていた下奥歯の違和感も、 歯肉炎ないしは歯槽膿漏の前触れであることが判明。 自分の思う違和感についている名前を知るときや、自分の感じて…

いぬのはなし

実家には、純和風な名前をつけられた洋犬がいるのだけど、ときどき「いぬ」って呼ばれてて、とても可笑しいなって思う。 親に、「今、いぬはなにしてる?」とか聞くのがすごく好きだ。 犬のことは、しぬほど大切だし愛しいけど、入れ込んでない感じになるか…

特別の爪

スポティファイ、始めた。 好きな人が流してくれる音楽を聴くのが (好きな人が選んだ音楽が流れてるのが) 好きなのだが、ここにそのひとがいないので、 仕方ないからスポティファイが無料で流してくれる音楽を聴いている。 ジャンルは分からないけど、 バ…

病院の食堂

せっかくいい日記を書いたのに消えてしまった。いい日記だった気がしてる。 がーん。 今日から遅めの夏休み。 お盆のときに、周りのおやすみの空気に触れながら働くのは悪くないと思っていたので、今年はそれが実現できてよかった。 日頃できないことをした…

いつのまにか、バウムクーヘンのように体が大きくなっている。 出会うイヌネコさんたちみんながかわいくて、愛想を振りまいてしまうけど、ほぼ興味をもってもらえたことがない。 おでことくびがひどく痒くて、調子が良くない。そのために出してもらった抗生…

口に出すと泣く話

わたしの小学校の卒業式。 PTAのしがらみかなにかで謝辞を言うことになった母が、 「謝辞」って二文字を口にした途端に泣き出して、 以来、家族に「謝辞(笑)」って笑われてたんだけど、 話しだしたら泣いてしまう気持ち、とてもよく分かるようになった。 …

台風

●台風がきた。 ●落ち着いたらいいのに、 その女性を目の前にするとどうしても落ち着けなくて、 譲るべきところを譲れず、 恥ずかしい振る舞いをしてしまった。 思い出したら、あああああああってなる。 去年の目標に、 「だまって機嫌のいい人」と掲げたのだ…

クーラーつけずにやってる

ひとり暮らしだと、こわくて思った以上にカーテンが開けられなくてつまらない。 もっと開けたい! もっと明るいところで生活したい! 今日は資源ごみの日。 ゴミ捨て場は、私のマンションの目の前の道路沿いにある。便利だ。 ただ、以前、資源ごみをそこに置…

しんどくて休んだ

体がしんどくて、 仕事も大丈夫そうだったから、 14時からおやすみをもらう。 ときどき、こんな風に突然からだが停止する。 体調が悪いのでお休みいただいてもいいですかって言った3分後には職場を出れて、なんともいい職場だと思う。 アイスクリームを買…

ここ数日、涙もろくなっている。 今までも静かに思っていたことだけど、 最近は、より強く、 自分に興味をもたれたい、たくさん質問されたいと、強く思う。 いつか、だれかに、でいいから、 たくさん質問されたい。刺激的な相槌をうたれたい。 それぞれ、手…

ビール

サッポロのビールは 後味がなんだかけむたくて、おいしいよね。 ビール飲んで、ロゴを見て、ビール飲む。 味覚と視覚がリンクするように。 今日は日中にぐっとしんどくなってきて、明日からまた忙しくなるから今日は早退しようかななんて思いつつ15時から…

お守りとカツ丼

昨日今日と職場の試験があって、 私の斜め向かいに座るボーイが、受験する。 毎日数えられないほどため息をついて、 僕この職場向いてないっすわー 無理っすわー と言うのに、試験勉強にものすごく力を入れていて、なぜだろうと思う。 早く辞めるなら、この…

津村記久子が落ち着く

少し精神的な負担があるから、同じ本を読み返すことをあまりしない。 けど、長旅電車旅をきっかけに、Kindleの津村記久子を読み返した。 本当すきだなあとおもう。 津村記久子「浮遊霊ブラジル」の『個性』。 主人公〈森さん〉の、静かな素朴な視線がいい。…

アラーム

寝起きがいい。たいてい2秒で目が覚めて、5秒でご飯が食べられる。 ただ、年に数回、起きられない日があって、そんな日のために毎日セットしている『最後の砦アラーム』。今日はそれで起きた。 毎朝、身支度しながら、けたたましいアラーム音を消すのがスト…

オーツ麦

ここ1ヶ月くらい、ビーガンのひとの生活を流すユーチューブなどを見ていて、フルーツや玄米をお腹いっぱい(まさに文字通り、お腹いっぱい)食べることに目を奪われていたのだけど、その中で出てくるオートミールに、興味がある。あまり美味しいものではない…

いやなおんな

小説やドラマで描かれる、いろいろな「いやなおんな」、「いやらしいおんな」、「いけずなおんな」は、当人は自分のことをどう認識してるのかと思う。 もし、そのひと自身が、自分のいやらしさを、めんどくささを、自己満足ぶりを、認識していないのだとする…

あたまいた

頭痛もちではないけれど、おひるねをしすぎたせいか、頭痛がやまない。 すごい雨で、1日中家にいて、しかも一つの部屋のなかにいた。頭が痛くて読書も進まず、洗濯以外になにもしなかった。 明日は晴れるらしいから、買い出しに行こう。 外で冷えたグラスに…

カーステレオ

人の車からかかる音楽がすきだし、 ひとの自転車の鍵についているキーホルダーがすきだな。 ひとのなかにいる自分を見たくて、手を替え品を替え、試してしまう。

きちんと取り組むことへの恐怖感 例えば10の工程のあることについて、 きちんと取り組むというのは、1〜10をすべて把握したうえで、順番を考え、段取りを考え、正確に進めていかないといけないということだと感じるのだけど、そのことが怖くて、わたし…

我慢負け

雨の日には乗り合って、車で職場へ行く。 同盟4人、片道100円。 黙ってご機嫌でいることを、 数年前の目標に掲げたのに、 黙ってご機嫌でい、られない。 家を出るときには、 振られた話にしか反応しないでおこうと思っていたのに、1秒の沈黙が耐えられない。…

猫が横切る

朝、自転車で通勤していたら、 目の前の軽トラがスピードを緩める。 なんだか事情がありそうだと思って見ていると、 左から右へ、猫が横切っていった。 真っ白い足の、茶トラ模様の背中の。 「あぶないよー」と言いながら、通り過ぎる。 (「猫に話しかける…